プロバイダーロゴ
トップへ戻る 食物アレルギー対策を見に行く 骨太になろうを見に行く ビタミンをとろうを見に行く シルバー世代の献立
疲労・イライラ解消 肌荒れ改善
管理栄養士募集 会社案内 申し込み メール
TOP >> シルバー世代の献立

老人のための一工夫レシピタイトル
管理栄養士におまかせ

高齢になるとだんだん体が衰えてきて、骨粗しょう症になったり、骨折しやすくなったり、食べ物が飲み込みにくくなったりする嚥下障害(えんげしょうがい)や入れ歯などの歯の不具合が生じるため、噛み合わせがうまくいかず、食べ物がうまく咀嚼(そしゃく)できなくなったりします。そのために献立には消化のよい素材を使ったり、柔らかく煮たり、小さく切るなどの配慮が必要です。また、高血圧、心臓病・脳卒中などを防止するために、味付けはだし汁をしっかり取り、薄味で塩分控えめにする一手間が大切ですね。

おばあちゃん

いわしと豆腐の落とし揚げタイトル
イワシのDHA・EPAで血液サラサラ!
すり身にすることでCaが摂れ、スキムミルクでさらにCaアップ

< 材 料 > 4人分

  • イワシ・・・・・・・・・・2尾(150g)
  • 木綿豆腐・・・・・・・・・1/2丁(150g)
  • 万能ねぎ・・・・・・・・・30g
  • たまご・・・・・・・・・・1個
  • スキムミルク・・・・・・・50g
  • 生姜汁・・・・・・・・・・小さじ1
  • 酒、しょう油・・・・・・・小さじ1
  • 塩こしょう・・・・・・・・少々
  • 揚げ油・・・・・・・・・・適量
  • レモン・・・・・・・・・・1/2個
 < 作 り 方 >
  1. イワシは背開きにし、中骨をとり皮をむく。
  2. 豆腐は水切りしておく。
  3. ねぎはみじん切りにしておく
  4. フードプロセッサーに1.と2.と調味料を入れよく混ぜる。
  5. 3.のねぎも加えて混ぜておく
  6. 180℃に熱した油に丸めながら落とし入れ、からりと揚げる。
  7. くし形に切ったレモンをそえる。
下かっこ

キャベツライン

Q&Aお姉さんQ:毎日の献立作成は面倒?

A:当社の管理栄養士が個人別にメニューを作成(1週間半位〜1ヶ月半位)いたします。
必要ならば調理業務も行います。お気軽にお問い合せください。


キャベツライン

知っ得コーナー博士脳血管障害を予防し、いつまでも若々しくいるための栄養
3食規則正しく食べてエネルギー補給を!不足すると脳の老化を早めることも!
1.タンパク質
血管壁を丈夫にして、脳血管性痴呆の原因となる動脈硬化・心疾患・脳血管障害を予防。高齢者は食が細くなり、少ない食事でタンパク質の量も減ってきますので、質のよい動物性食品を上手に摂ることがポイントです。
2.DHA・EPA等の不飽和脂肪酸
魚(さんま・イワシ・さば等の背の青い魚)に多く含まれている、DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)などは、血管の中に血栓ができるのを防ぎ、動脈硬化を予防する働きを持っています。また魚は良質なタンパク質でもあり、身も柔らかいので高齢者には食べやすい食品です。
3.ビタミンC
毛細血管を丈夫に保つ働きがある→キウイ・いちご・ブロッコリー・番茶など
風邪予防にもなるので寝たきりになりにくい。
4.ビタミンE
若返りのビタミンといわれており、細胞の脂質が酸化するのを防ぐ抗酸化作用がある
→ピーナッツ・アーモンド・亜麻仁油・小麦胚芽油・緑黄色野菜など
5.βカロテン
抗酸化作用がある。免疫力を保つ。目に良い。
→人参・ほうれん草・かぼちゃ等の緑黄色野菜など、、、やわらかく煮て噛みやすくすると痴呆予防にもなる。
6.カルシウム
骨を丈夫にして、骨折など予防し、寝たきりにならないようにし、痴呆予防になる。

弊社では、食生活に関して専門的に判断する管理栄養士による栄養指導相談を実施しています。毎日のメニュー作りから実際の食品管理〜調理までを総合的に行います。さらに詳しい説明を希望される方はお問い合わせフォームへご記入ください。後日、当社スタッフからご連絡させていただきます。




Copyright 2003 PROVIDER. co.,ltd.